空前絶後のサイバー雑記

10記事/月を目標にしながら更新していきます。雑記ブログです。ジャンル問わず書きたい事を書きたい時に書く気まぐれなブログです。サッカー関連が少し多めになるかもしれません。

ウイイレ2017のオンラインディビジョンで決めた、良い崩しからのゴールを解説する(PC閲覧推奨)

『ウイイレ2017』:7つの特徴 | Games


ウイニングイレブン2017のオンラインディビジョンで、リバプールを使用して見事バルセロナを大差で粉砕したのだが、いくつか良いゴールがあった。 今回は3つのゴールピックアップして解説していこうと思う。


目次


1つ目【さらにスルーパス】


これは中盤でのルーズボールの競り合いのこぼれ球をフリーの味方が拾い、素早く前へパスを送る。 それをそのままダイレクトでスルーパス。それを受けた選手はワントラップし、外側から裏へ抜ける選手へさらにスルーパス。 それを受けた選手は落ち着いてシュートを打つだけであった。

ポイントは、ワントラップした場面である。これにより少しタメを作る事ができ、外側の選手が裏へ抜ける時間ができた。 それにより絶妙なタイミングで抜け出しスルーパスを受け取る事ができている。

アシストのスルーパスを出した場面で、スルーパスを出さずにドリブルで勝負する選択肢もあったが、より確実な方を選択した。 よくあんな良いタイミングで走ってくれていたな、と思う。

サウサンプトンから移籍してきたサディオ・マネ。さすがである。


2つ目【トライアングルからのスルーパス】


これはテンポよくダイレクトでトライアングル状で繋ぎ、絶妙なタイミングで抜け出した選手がスルーパスを受け取り、冷静にコントロールシュートで流し込んだ。 バルセロナのDF陣は見事につられ翻弄されており、完全に崩している。かなり気持ちの良い得点であった。

ポイントは、最初にポストプレーをした選手がもう一度ボールに絡みスルーパスを出しているところである。そして何より、全てダイレクトプレーであるという事。 どの選手にも相手DFがかなり寄せてきており、誰かが一度でもトラップをしていたら、この得点は無かっただろう。全てダイレクトプレーだったからこそ、ギリギリのタイミングでボールが繋がった、 美しい崩しからの得点である。

ゴールを決めた選手はオルワセイ・ナジョ。ナイジェリアの19歳である。


3つ目【浮き球スルーパス、クロス、ヘッド!】


これはコーナーキックからの混戦の状態から、綺麗に繋いで崩した得点である。こぼれ球を近くのフリーの選手に落とし、状態を落ち着かせてから始まった崩しである。 最後はドフリーの選手が豪快にヘッドで決めてくれた。

ポイントは、浮き球のスルーパス。コーナーキックからのプレーという事で相手DFの枚数は揃っているし、密集している。 ここでグラウンダーのスルーパスを出していたら、相手DFに引っかかった可能性があるし、ラインを割っていた可能性もある。 ふんわりとした浮き球スルーパスだったからこそボールが繋がった場面である。

最後ヘッドをした選手が見事にドフリーだったが、なぜ相手DFの枚数も揃っていた上に密集していた場面でドフリーになったのか。 最初、ドフリーでヘッドした選手をマークしていた相手DFが、浮き球スルーパスにつられて、マークを外してしまっているのである。 これも相当気持ちの良い得点であった。

ゴールを決めた選手はワイナルダム。フェイエノールトで宮市亮とチームメイトだった男だ。


総括

やはりウイイレ2017でもバルサやレアル使いが多い中、こういった完勝は非常に気持ち良いものであった。 この試合は、我ながら良い崩しが多かった。普段はミドルシュートや普通のクロスからヘッドで点を取る事が多いが、やはりオンラインで勝っていくためには裏を取るプレーができないと厳しいし、 裏を取れれば得点の可能性は一気に上がる。そのためにもワンツーやチームメイトムービングは必須である。