読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空前絶後のサイバー雑記

10記事/月を目標にしながら更新していきます。雑記ブログです。ジャンル問わず書きたい事を書きたい時に書く気まぐれなブログです。サッカー関連が少し多めになるかもしれません。

浦和レッズDF森脇良太の暴言騒動について

 

目次

 

騒動の内容

 

 

以下、引用

 

J1浦和-鹿島戦で暴言騒動が勃発した。後半33分、両チーム入り乱れての小競り合いが勃発。鹿島MF小笠原満男(38)と浦和DF森脇良太(31)が激しくもみ合った。小笠原は森脇が鹿島MFレオシルバ(31)に対して「差別ととらえられてもおかしくない」発言があったと指摘。森脇はこれを否定した。試合は鹿島が1-0で競り勝ち、勝ち点21で首位に立った。浦和は2連敗で2位。

普段は寡黙な小笠原が、足を止めて口を開いた。試合後の取材エリア。「1つどうしても言いたいことがあって。残念なことがあって」と切り出した。

「森脇選手がレオシルバ選手に『くせーんだよ、お前』という発言をして。明らかに鼻と口をふさいで『くせーんだよ』と」。

後半33分、浦和陣内コーナー付近で鹿島MF土居がボールをキープ。このプレーで土居はファウルを取られたが、直後に浦和MF興梠が土居を突き飛ばしたことで、両軍入り乱れた騒動に発展。もみ合う中、当事者よりエキサイトしていたのが小笠原と森脇だった。

 森脇は全選手の最後に取材エリアに現れた。すでに小笠原発言は聞いていた。「非常に悲しい」と前置きして事実関係を説明した。

「興梠選手を守ろうと、止めに入ったら、小笠原選手に『お前だけは入ってくんじゃねえ、ボケ』と言われて。僕も『うるせえ、ボケ』と言い返しました。それで鹿島の選手3人が詰め寄っていろいろ言ってきた。僕の顔にツバが飛んできて、『口が臭いんだよ』と言ったんです」。

 鹿島側は「チームとして暴言があったとマッチコミッショナーに伝えています」と試合後に運営サイドに報告。浦和側は「どういう経緯でこうなったか事実確認して、鹿島さんとクラブ間で話をしたい」とした。

 小笠原は「レオとも話したけど、『彼(森脇)はいつもそういう風に言う』って。これまでもカイオやダビに対して繰り返していて、自分の中ではちょっと限界、言葉の暴力だと思うし、差別ととらえられてもおかしくない」と収まらない。

 森脇は「カッカして子供じみた発言をしたことはあるかもしれない。誰かに対して侮辱したことは一度もない」と訴えた。

 今季最多の5万7447人の観衆の中で行われた白熱した首位攻防戦。後味の悪さと遺恨を残した。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000025-dal-soccより)

 

真相は?

 

小笠原の言い分だと「森脇は人種差別発言をした」、森脇の言い分だと「言い合いはしたし、口は臭いといったけど、侮辱的な発言はしていない」と言っており、食い違いがある。レオ・シルバは「非常に悲しい」と発言している。

 

しかし、この写真を見ると森脇は明らかにレオ・シルバに対して、何か言っている。それに対してチームメイトである那須が焦って止めようとしている。

これは森脇がレオ・シルバに対して侮辱的な言葉を浴びせ、それに気づいた那須が焦って止めていると想像できる。

 

この場面の別角度から撮られた写真を見ると、

f:id:lndscp:20170505235146p:plain

森脇が手を使ったジェスチャーをしている。これは「臭いんだよ」というジェスチャーにしか見えない。那須が焦って止めさせようとするのも当然である。

 

 

こちらの写真では、同じ浦和レッズのチームメイトであるはずのラファエル・シルバが森脇に怒っている。その間に割って入っているのが相手選手の小笠原。

ラファエル・シルバは同じブラジル出身の先輩であるレオ・シルバと新潟時代にチームメイトであり、良く面倒をみてもらっていた。

そんな自分の良き同郷の先輩に汚い言葉を浴びせた森脇の事が許せなかったのだろう。

 

www.soccer-king.jp

ここに小笠原、森脇、レオ・シルバの詳しい長文コメントが掲載されている。

 

今回の件は完全にクロだろう。動画を良く見ると分かるが、西川や槙野がレオ・シルバを慰めているシーンも決定的な証拠である。

(※後日、森脇に2試合の出場停止処分が下されました。)

 

森脇は普段から印象が良くない

 

これはもう完全にチンピラである。こんなのは退場で良いと思うが....。

スポーツマンシップのかけらもない。こんな表情で審判を罵倒するような選手が、今回の件で「侮辱はしてない」と言っても信用してもらえるわけがない。

 

最近では、アジアCLでpkを失敗したオスカルの目の前に走っていき、挑発するようなガッツポーズをし、味方のGK西川に突き飛ばされている。

あまりにも精神的に未熟である。

 

森脇は、同じ浦和のチームメイトに槙野という知名度のある濃いキャラがいるせいで、そこまで目立っていないが、実際は槙野よりもよほど悪質なことをしている。

 

森脇は日本代表経験もあり、選手の実力としてはJリーグ屈指。

だが、今回の件は決して許されるものではなく、Jリーグ全体の印象にも関わる。

現状ではトラブルメーカーであり、小笠原が「お前だけは入ってくるな」というのも理解できる。他の選手からもそういう人間だと思われているという事だ。

是非とも、森脇にはこれから精神面でも成長してほしい限りである。